Friday, July 22, 2011

初インド記(その1)

仕事で6月7日〜7月14日までインドへ行ってきました。

現地で撮った写真を交えて、ざっくりと印象を書き残します(Twitterでつぶやいたネタがほとんどなので、フォローしていた人にはつまらないかもしれませんが・・・)



まず、インドは動物王国でした。

道を歩いていると、

野良犬くらいは、まぁ日本でも見かけますが・・・


野良ブタ(というよりイノシシ?)や


野良牛がその辺を闊歩しています。

とある日曜日などは、

ホテルの前の道を・・・

こんな具合で牛の大集団が歩いていたりw




別に誰かが放牧している牛を移動させてた、というわけでもなく、やつらは自分らでぶらぶら歩いています。

出張先の工場の裏山に至っては、クジャクがいました(写真には収められませんでしたが)。

日本の動物園のクジャクは滅多に鳴きませんが、工場裏山のクジャクはしょっちゅうニャーニャー鳴いていました(クジャクの鳴き声は猫に似てます)。



インドのカレーはうまいです(会社の社食はおいしくなかったけどw)。

主にホテルの夕食で食べてたのですが、泊まったホテルがアタリだったのか、どれも美味い。





あと、ビールも意外とおいしかった。

現地で割と手軽に購入できた銘柄としては、インドブランドのキングフィッシャー、それからオーストラリアブランドのフォスター、あとはデンマークブランドのツボルグとカールスバーグ。

ただ、インドブランドのものに限らず、上記4銘柄はいずれもインド製です。

自分の好みでいくと、おいしかったのはフォスター、カールスバーグ、ツボルグ、キングフィッシャーの順かな。

価格は現地の酒屋で買って、650mlの瓶でだいたい90ルピーから130ルピーくらい。1ルピーが日本円で約2円なので、180円から260円と考えると、インドの物価からすると意外と高い印象。

自分が外国人だからボられているのかと思いきや、そうでもなく、だいたいこのくらいの値段らしい。高級なレストランに行ったら、同じビールでももっと高い値段取られました。

あと、日本じゃあんまり見かけないアルコール度数を高めたストロング版(アルコール度数8%)のビールがけっこう売られてました。

写真はハワード5000(アルコール度数8%)

ちなみに普通のビール(アルコール度数3〜5%)と値段は一緒。

インド人曰く「安く酔っぱらいたいから、強い方がいい」とのこと。そういう需要が高い国のようです。



公共交通機関の運賃が安いです。


上の写真は地下鉄。日本の三菱重工も車両製造に関わっているそうです。

自分が行ったグルガオンというところは、デリーの隣町みたいなところで、デリーから地下鉄が延びています(デリー市内は地下を走っていますが、グルガオンでは主に高架上を走ってます)。

グルガオンからデリーまでは地下鉄で約1時間程度なのですが、その運賃は約35ルピー(≒70円)。初乗り運賃は8ルピーです。

車内は割と綺麗で、冷房もちゃんと完備。女性専用車両だって用意されています。あと、Suicaのようなシステムも導入されていて、自分もカードを作りました。

ただ、地下鉄だけでは行きたいところまでは行けません。

で、重宝するのがオートリキシャー

自分が行ったところはどこにでもこのオートリキシャーが走ってました。

写真に映ってる緑と黄色のツートンのリキシャーはタクシーのように行きたい場所ならどこへでも連れてってくれるリキシャー。

乗る前に行き先を告げて値段交渉をしてから乗ります。外国人相手だとけっこう値段をふっかけてきますが、それでもだいたい150〜200ルピーくらいで、日本のタクシーに乗ると思えば相当安いです。

ただ、基本的には近距離なら数十ルピーが一般的な相場なので、とにかく「10ルピーで乗せて!」とゴリ押しするところから始めるのが無難(笑)。

ですが、これがデリーだとメーター付きのリキシャーも走ってて、そっちだとメーター読みで料金を払うシステムです。ただ、メーターだとどれくらいの料金になるのか読めないので、これはこれでちょっと不安だったり。

リキシャーにはこのタクシー的な使い方の出来るものとは別に、黒地に黄色のアクセントが入ったタイプのものもあります。

こんなカラーリングのやつ

こちらは相乗り制で、ある一定の経路を巡回しており、バスと考えれば分かりやすいかと。

料金は定額で10ルピー。行き先を説明したり、値段交渉をする手間がかからないし、安いのでいいです。

が、相乗りなので、始発ポイントからだと、お客が満員になるまで出発してくれません。

あと、一度にたくさん乗せないとドライバーさんも損するため、ぎゅうぎゅうにお客を詰め込む傾向にあります。

ちっこいオート三輪ですが、だいたい少なくて6人、平均8人。マックスで10人くらいは乗せます。

ちなみにこのオートリキシャー、PiaggioのApeという車両らしいのですが、インドでよく走ってるCNG仕様のものだと排気量が395ccで出力はおよそ8馬力。にしては、お客満載でもけっこう走ります。やるな、Piaggio。



長くなりそうなので、続きはまた後で。

No comments: