Monday, March 21, 2011

『はやぶさの奇跡』『こちらニッポン』

金曜日に有休を入れて4連休の週末だったのですが、土曜日の午前中に課長とツーリングに行って戻ってきたあたりから発熱し、以降ダウン。

床に横になった状態で、鼻をすすりながら久しぶりに読書してました。

小惑星探査機「はやぶさ」の奇跡
的川 泰宣
PHP研究所
売り上げランキング: 50334

昨年、世間で話題になった探査機はやぶさのエピソードをまとめた本。JAXAの的川先生の著作です。

数々の苦難を乗り越えて小惑星イトカワからサンプルを持ち帰ったはやぶさのエピソードは既にいろいろな記事・文献で読んだけど、的川先生に絡む裏エピソード的な話も書かれており、面白く読み進めることが出来た。

計画されているはやぶさ2にも期待したいです。

こちらニッポン… (ハルキ文庫)
小松 左京
角川春樹事務所
売り上げランキング: 160401

小松左京の著作。

ある日、日本はおろか世界中からほとんどの人類が忽然と消失してしまった世界にわずかに取り残されてしまった人たちの物語。

作品が発表されたのが昭和51年とかなり昔のため、描かれている社会も相当古く、各地に取り残される形になった人たちがお互いに固定電話や無線機でなんとか連絡を取り合うなんて描写が描かれていたけど、これが現代を舞台にしていたら携帯電話やインターネットでもっと話が簡単になるのかなぁ・・・、などと思いながら読んでました。

『日本沈没』同様、このテの崩壊モノの小説は最後の締めくくり方が難しくなるけど、この作品もうまく着地点を見つけてあるなぁと、最後まで読んで思いました。

No comments: