Sunday, December 26, 2010

足回りリフレッシュプロジェクト第1弾(ハブダンパー編)

非常に寒い休日だったけど、今日は頑張ってバイクメンテ。

先日挙げたハブダンパーの交換を行いました。

ハブダンパーってのは、バイクのリアスプロケットが取り付けられているハブと、ホイールを繋ぐ部品。

ハブ(左)とホイール(右)
ホイールの中にある黒いのがハブダンパー

ハブはハブダンパーと一緒にホイールにハマってるだけ。実はリアのスプロケットってホイールに固定されていないんです。

以前に自分でタイヤ交換をやった際にこの事実を知ったとき、自分は非常に驚いたのですが、コレを読んでいるバイク乗りの方、知ってました?

さて、ここからハブダンパーを外して交換します。

新旧品の比較。上が古いの、下が新しいの。

写真じゃわかりにくいけど、古い方は完全にヘタっていて、ハブがホイールからかんたんに抜けてしまうくらいの状態でした。

ハブダンパー交換後

上の写真のように新しいハブダンパーをセットしてハブを取り付ける。すると・・・
うわ、固ぇ・・・。
ハブが入っていかない(´・ω・`)
556吹いたりしながら頑張って押し込む。

組み上がったホイールはスプロケをつかんで持ち上げることができるくらい、しっかりとハブがはまり込んでます。

コレが正解。

やっぱり相当ヘタってたんだなぁ・・・。

ついでにチェーンの張りも調整して今日のメンテは終了。

これで、アクセル操作に対するダイレクト感が戻るはず。明日の通勤が楽しみだ。

ところで「足回りリフレッシュ」といいながら、実際コレって駆動系パーツだよな(笑)

1 comment:

Anonymous said...

はじめまして。僕は素人なのにすみませんが、556を使ったらハブダンパーに悪影響をあたえないかなってふと気になりました。