Saturday, December 04, 2010

オフシーズンカスタム(ハンドル編・その2)

先週ハンドルを交換してはみたものの、いまいちポジションが気に入らなかったので、また交換してみることに。

とはいうものの、正直あれ以上にポジションを下げられるバーハンドルなんて、なかなか無いわけで・・・

結果としてこんなものを取り付けることにしてみました。

セパレートハンドル

この間の日曜日に、ヤフオクで落札しました。

きちんと明記されてはいないものの、おそらくHarricaneのジュラルミン削り出しセパレートハンドル。新品を定価で買えば3万円近くする品が、なんと送料込みで4,500円で手に入りました。

で、ちゃっちゃと取り付けよう、と今日は朝から作業を始めてみたものの・・・

ここまでバラす羽目に・・・orz

SV1000S用のセパレートハンドルなのですが、私の乗るSV1000とはヘッドライトマウントが違ったり、トップブリッジ形状が違ったりで、そのまま付けようとすると意外と干渉が多くて、あれやこれやとバラしたりで大変なことに。

一応、ヘッドライトのマウント方法を変えたりすることで最終的になんとかつきました。

バーハンドルとの位置比較(上から)

バーハンドルとの位置比較(横から)

バーハンからセパハンへの変更とはいえ、元のバーハンがかなり低かったのに対して、取り付けたセパハンが高めのもののため、高さの変化はハンドル一本ぶん下がった程度。対して、取り付け位置が大きく前に動いたために、前後方向にはハンドル三本ぶんほど前進しています。

完成形

ちなみに、フルロック状態のハンドルとタンクの隙間は下の写真くらい。

先週の状態よりもいいかもしれません。

しばらくこれで乗ってみようと思います。

No comments: