Sunday, November 07, 2010

オフシーズンカスタム(ブレーキ編)

今週末は、先日挙げた「今後のカスタムプラン」に従い、まずはブレーキの強化ということでパッドを交換してみることに。

パッドはデイトナのゴールデンパッドをチョイス。

外からじゃ分からんけどパッドが変わった

さらにこのタイミングで、先日オーバーパンツを譲ってくれた係長が、現行GSX-R600/750に装備されているものと同じ純正ラジアルポンプマスターを譲ってくれることになり、マスターの換装もあわせて実施。

ラジポンです!

交換後、近所を軽く走ってみましたが、ブレーキの効きが良くなったし、コントロールもしやすくなった印象。

軽い握りで十分な制動が得られるので、ハンドルを握る手から力を抜くことができそうだし、制動力が増した上にコントロールしやすくなったことで以前よりもフロントフォークをしっかりと沈ませられる感じがあります。

それにしても交換前の純正ブレーキパッド、減らなさ過ぎ!


上の写真のパッド、納車以来一度も交換してないので、少なくとも3万7千kmは走ってるにもかかわらずまだ仕様限界まで2mm近く余裕がある。

減らないのは経済的には良いことだけど、減らないから効きが悪い、という話もあるので、ほどほどにしてほしいもんであるw。

No comments: