Sunday, October 31, 2010

2010.10.31 ジムカーナトレーニング

知立自動車学校で開催された今シーズン最後の中部ダンロップジムカーナトレーニングに参加してきた。

週半ばまで台風接近によって開催が危ぶまれたりもしたものの、予想より早く台風が通過してくれたおかげで、無事開催されてよかった。

今日は前回の練習会からの車両変更点の確認と調整がメインテーマ。前回(10/3)からの変更点は以下の通り
①タイヤを交換
②ローシート導入
③フォーク突き出し量変更(ノーマルより3mm突き戻し)
そんなわけで各変更点に関する感想から。

①タイヤを交換
タイヤを交換したのは先週の日記の通り。で、今回はじめて2回続けて同じ銘柄を履いたわけなのだが、やはり擦り減ったタイヤと新品とでは雲泥の差だった。

交換前の時点でもだいぶグリップすると思ってはいたが、新品は全然違った。

結局前のタイヤは10,000km走ったけど、今日新品のグリップ感を思い出したところで振り返ると、α-12の寿命はいいとこ6,000km程度かもしれないと感じた。


②ローシート導入
一昨日届いたローシートを早速使ってみた。


確かに、重心が下がることでバンクが速くなるし、切り返しも速い。

が、こうした特性が最も生きるであろう直線パイロンスラロームが元々ヘタな自分は、それを活かしきることができずに、現状ではタイムにあまり良い影響が出てきていない。

試しにノーマルシートとローシートを付け替えて走り比べてみたけど、操作感の違いを感じる一方でタイムにはほとんど差がなかった。

タイムが伸び悩んだもうひとつの理由として考えられるのがハンドルのポジション。

着座位置が下がって相対的にハンドル位置が上がるわけだが、そのせいでフロント荷重が減ってバイクが曲がらなくなってるみたい。

途中でハンドル取り付け角を変更して極力ハンドル位置を低くすることで状態は良くなったけど、まだ低くし足りない。

現状のハンドルでこれ以上低くするとフルロック時に手がタンクとハンドルに挟まれてアクセル操作ができなくなるので、ハンドルは別のものに交換する必要がありそうだ。


③フォーク突き出し量変更
フォークをノーマルより3mm突き戻したことで若干車体が前下がりになって旋回性が上がった。

が、これはノーマルシートの時の話で、ローシートに返るとライダーを含めたトータルが後ろ下がりになるようで、効果が打ち消されてる印象。

上述の話にも絡むが、やはりハンドルを見直してもっとフロントに荷重をかけてやれるようにしないと、ダメっぽい。


でもまぁ、なんだかんだで今日は計測コースのこれまでの自己ベストタイム59秒8を大幅に上回る54秒107を記録。

着実に実力はアップしているみたいだ。

今日のイベントで持って今シーズンの中部のジムカーナイベントは終了。オフシーズンに入る。

だけど、オフシーズンにも上記の件を改善するための変更等、いろいろやることありそう。忘れないようにまとめておかないと。

2 comments:

カガ said...

ジャーンプアップですな!

Kassy said...

>カガ 
ジャンプアップですっ!
まだまだイケちゃう感もあるので
もっと練習やら改良やらしたいところ。