Sunday, September 26, 2010

郡上八幡へツーリング

会社の部署のツーリングで、岐阜の郡上八幡まで行ってきました。

今回の参加車両は

・VZR1800
・XJR1300
・Bandit1250S
・GSF1200
・GSX-R1000 ×3台
・TL1000S
・SV1000(私)
・ZR-7
・GSX-R600
・RGV-γ250
・GSX250-FX

の13台。ガンマとバリオスの2台以外はみんな大型な上に、半数がリッターオーバー。自分のSVですら中間だもんねw

そんなわけで超ハイペースなツーリング。怖かった(-_-;

目的は奥美濃カレー。

朝7時に三河三石の道の駅に集合して、それから12時半頃に現地に到着。

ところがついてみると課長がいない!

「どうした!?」「何があった!?」と騒いでいると、最終目的地から3〜40km手前の2度目の休憩地点だった道の駅を出発する際にエンジンがかからなかったらしく、出発できなかったらしい。

そんなことにメンバーの大半が気がつかずに出発し、課長を置いてくる格好にw。最後の方に出発した2人が課長のバイクの異常に気がついて、押しがけなどを手伝ったらしいのだけど、それでもエンジンはかからなかったそうだ。

結局、課長はその地点でリタイア。ロードサービスを呼ぶことに。

で、我々はカレーを食す。


バイクを停めた位置から一番近いお店ってことで入ってみたのだけど、かなり甘めのカレーで「子供とかにはいいかもしれないけど、もっとスパイシーなのが食べたかった。」というのがだいたいの意見。

お腹を満たしたところで、チームを2分割。

実はこの時点で課長はまだ出発できなかった道の駅におり、バイクはロードサービスで回収されたものの、自身が帰る手段がないため「課長救出班」を編成。

自分は途中にもう一度走ってみたい道があったことから、救出班に同行。

課長は先輩の1250にタンデムで回収され、その後他のメンバーと美濃加茂ICで合流。高速で浜松まで帰ってきました。

最後は雨で寒かった〜。



それはそうと、先日出したジムカーナ用ベストセッティングが峠では全く使い物にならないことが判明。

減衰がフロント、リアともに縮みが最弱、伸びが最強に近いセッティングだったのだけれど、これだと峠のちょっとしたバンプで跳ねるのなんの。

最初の休憩でフロント・リア両方の伸びの減衰を弱めたら、挙動が落ち着いたので、以降は安心して走れた。今後はジム用、ツーリング用でセッティングを変えていかないとダメみたい。

2 comments:

ica said...

いいなあフルアジャスタブル。。。

それとここにURL書いたほうが簡単かなと思ったのですみませんがよろしくお願いします。
名前のところがリンク先になってます。

ica said...

すみません。間違えました。
こっちのほうでした。