Sunday, June 13, 2010

愛車の点検

今日は昼から雨の予報だったので、出かけずにバイク整備に時間を充てました。

やったのは点検。一度自分の目で色々見ておくべきかなぁと思って。

一応、法定の12ヶ月点検なんかで定められている内容に従う形でやってみました。

スパークプラグについてはラジエーター裏だったり、タンク下の変なところにあったりでどうやって手を付けていいのかパッと見、困ってしまったため、そこはスルー(一応半年前にお店で点検してもらって以降、特におかしい感じはないので大丈夫でしょう!w)

あとの点検項目はだいたい自分でも見れる範囲内。

今回初めて自分で確認した項目としてはエアフィルターの状態確認。


初めてタンク持ち上げました

エアフィルターです

先日、友人がフィルターの状態を確認したら真っ黒だった、という話を聞いていたので、自分のもひどい状態なのではと心配していたのですが、距離相応に薄汚れた感はあるものの、ひどい印象は無し。

別に叩いてもホコリが立つような感じもないし、変な異物が入っているようにも見えなかったので、ポンポンとホコリを払って元に戻しました。

気が向いたら新品に換えてもいいし、もっと吸気効率の良さそうな社外品(K&Nとか?)にしてみてもいいかも。

エアボックスの中身

少し前に内圧コントロールバルブを装着して以降、ブリーザーホースを流れるブローバイガスの流れがクランクケースからエアボックスへ向かう方向のみに制限されるようになったので、もしかしたらエアボックス内が油まみれになっているのでは、と心配していたのですが、それも杞憂だったようです。ひと安心。

タンクの裏側

それにしても、タンクの下にはエアボックスが入っているとは聞いていたものの、実際に見てみるとかなり大きい。

あんなに大きなタンクも裏から見るとこんなにえぐられてたんですね。実際にタンクを持ち上げてみて勉強になりました。

この他にやったこととしては、クラクションのスイッチへの接点復活剤注入。

ここのところ調子はいいものの、一時期クラクションスイッチを押しても鳴らないことがあったもので・・・。

クラクションなんてそうそう使うものでもないし、できれば使いたくもないので、別に鳴らなくても良いような気もするけど、それだと整備不良でおまわりさんから注意を受ける羽目になりますw。

No comments: