Monday, June 14, 2010

ユーザー車検に挑戦

今月23日で車検が切れてしまう我が愛車SV1000。

ちょうど今日は会社がお休みだということもあり、話のタネにユーザー車検に挑戦してきました。

さすがに初めての車検をいきなり一人で、しかもユーザー車検という形で受けるにはどうしていいか分からないことが多すぎるため、学生時代に自動車部に所属し、ユーザー車検の経験も豊富な同期Sに引率をしてもらいました。

今回の車検に当たり事前に用意した書類は下記のとおり
・自賠責保険証書(新・旧両方)
・整備記録簿
・自動車税納税証明書
・車検証
ちなみに昨日の点検は2番目の整備記録簿作成のためのものでした。

これらに加え、検査場で以下の書類などを揃えました。
・検査申請書(窓口で購入)
・自動車重量税納付書(受付でくれます)
・重量税、検査手数料ぶんの印紙・証紙(窓口で購入)
上記一式を揃え、受付を済ませ、検査ラインへGO。

ほんとは午後のラウンドで予約していたのですが、ダメモトで係のおじさんに聞いたら「いいよ!」ってことで列に入れてもらいました。

検査では以下の要領で行われました。
・外観検査
  各部の締め付けチェック
  全幅、全高のチェック
  エンジンのかかり
  灯火類、ホーンの動作確認
・排ガス検査
・スピードメーター検査
・前後ブレーキテスト
・ライトの光軸検査

検査風景
上記検査、前後ブレーキのテストまではポンポンと進んでいったのですが、ライトの光軸検査でNG判定。ハイビームで受けなきゃいけないところをロービームのまま受けてました。

係のお兄さんに「もう一回列に並び直して」と言われ、再挑戦。ところがどっこい、2度目もNG。

お兄さん曰く「光軸がかなり右に寄ってるよ」とのこと。ここで、検査場がお昼休みに入ったため、ブレイクタイム。

その間を利用して、ドライバーでちょいちょいっと調整。

お昼ご飯を食べて再度検査をしたら合格でした。

あとは書類にはんこをもらって、車検証の発行を受けて車検は完了。

途中で昼休みを挟みましたが、それを除くと実際に要した時間は書類を現地で揃えたりするのを含めても1時間半程度でした。

車検と聞いてかなり構えていましたが、やってみると実にあっけないものです。

最後にシールをペタッ貼って終わり!

これであと2年はこのコとお付き合いできます。

ちなみに今回の車検に要した費用は下記の通り。
・自賠責保険料(2年):13,400円
・重量税:4,400円
・検査手数料:1,700円
・継続検査申請書:25円
—————————————
 (合計):19,525円
お店に頼むよりもかなり格安でできたかと思います。

さ〜て、浮いたお金で何買おうっかなぁ〜♪。



話は変わりますが、先週の練習会のときの自分の走行風景の動画を今日の車検風景の写真と一緒に同期Sからもらいました。

同じセクションで新・旧タイヤで大きく走りが変わっていて面白いので、動画をアップ。最初が以前のツーリングタイヤの時の走り。後半がタイヤを新しくしてからの走りです。




バンク角がだいぶ違います

惜しいのはタイヤが新しくなっても、まだ体が外に逃げている点。もっと内に入れるようにしたら高速コーナーのスピードはさらに上げられそうです。

No comments: