Sunday, June 06, 2010

α-12インプレ(ジムカーナ編)

今日はジムカーナの練習会に参加するため、安城まで行ってきました。

7月の大会前最後の公式練習会ということで、今日はすごく参加者が多かったです。全部で70名を超えていたのかな?

で、今回はタイヤをα-12に履き替えて最初の練習会。

既に峠などでその凄さを体感済みではあるものの、ジムカーナで使ってもみても以前履いていたツーリングタイヤとは雲泥の差であることを体感。

とにかく安定感があって深いバンク状態からでもアクセルが開けられるので、スピードが乗る輪乗るわ。

走りを見ていた友人らからも「見違えるような走りをしている」といったコメントを多くもらいました。

ま、私の運転が良くなったのではなく、バイクが速くなっただけですけどねw。

とにかくいつでもアクセルを開けられる安心感があるので、リアタイヤはご覧の通り。

端っこまでガビガビです。

ちなみにフロントタイヤも一番端まで使うことができました。

ここまでやれるとは感動です。

今日は余り深いことを考えずにとにかく楽しく走ったけど、タイヤの特性が大きく変わった分サスセッティングも見直す必要がありそうです。

現状のフィーリングとしては、タイヤが踏ん張るようになった分ブレーキングがよりハードにできるようになった関係で、フロントの沈み込みが早すぎるような気がするのが一点。

あと、同じくブレーキング時にリアの浮上がり感が。

今日のところはフロント圧側減衰を1/2回転分強めて、リアの伸側減衰を1/2回転弱めてみたら、多少は良くなった。

もっと煮詰めたい気もするけど、このタイヤの扱いに慣れないうちから色々いじるとかえってワケが分からなくなる可能性もあるので、さてどうしたものか・・・

あと1〜2回練習の機会が欲しいです。

No comments: