Sunday, April 15, 2007

お誘い

金曜日の夕方の話。突然先生に部屋に来るように言われ、訪ねると、とある自動車メーカーの関連会社の研究所への推薦があるが、受けてみないかという話を持ちかけられた。

研究所、というだけあって、入社後は研究者としての配属になるらしい。仕事内容としては燃焼に関する電子制御技術の開発や安全・環境技術に関る電子制御技術の開発研究なんだとか。研究職なので研究成果を元に博士号を取得したり、社会人学生として博士過程への入学をして博士取得をしたりするにあたっては会社がサポートしてくれるという待遇。

自動車に関する研究が出来て、しかも手に職(博士号)が付きそうなんで、良さそうにも聞こえるのですが、メーカー本体ではなく関連会社なので規模が小さいこと(100人規模)と、勤務地が一カ所に限定されそうなので、自分が夢見ている海外勤務への道が閉ざされそうなのが、マイナスです。

会社の規模に関連した話ですが、先生から頂いた資料だけでは情報が不足していたためインターネットで調べようとしたところ、ほとんど情報が上がってきません・・・。まず、会社そのもののホームページが存在しません。親会社の採用ホームページに、ここだけ別枠で採用活動を行うとの旨が記されているだけで、他に情報がありません。

正直、得体の知れない会社、というのが私の印象。大学に求人票を持ってきた方が、うちの大学のOBで現在はその会社の重役さんらしいのですが、その方から直接話を聞く機会があったりすればまだ会社のことが少しは分かったのでしょうけどねぇ・・・。

そもそも、私は研究者向きなのでしょうか?

推薦をもらうかどうかの返事は月曜日までと言われたのですが、以上のようにいろいろと前に踏み出せない要素満載ので今回はスルーの方向でいきます。

今までの私の短い人生の経験上、迷いに迷ったあげく実行したことというのは、たいてい後悔する結果に至っています。今回、無理矢理行きたい理由なんかを見つけて推薦もらってそのままズルズル就職までいったりしても、きっと後悔することになるかと。

私の就職活動はまだまだこれからです。

No comments: