Thursday, January 18, 2007

スゴすぎるGoogle Earthの罪?

このブログを見ている人の多くが、一度は遊んだことがあろうGoogle Earth。一番最初に出たばかりの頃でさえ、高低差のデータがグランドキャニオンなど一部にちゃんと入っていて、単なる電子地図を超えたスゴいものだという強い印象を与えてくれたものですが、最近はさらに改良が進んでいます。

例えば有名な建築物の3Dデータも表示されるようになって、姫路城もご覧の通りです。


また、このような有名な建築物にとどまらず、自分が今済んでいるアパートだって、ただのハコではありますがきちんと3Dのデータになっていました(高さなどはチャランポランですが・・・w)。

画像がどんどん高精度化し、地図サービスなどとも連携してさらに便利になっていっているGoogle Earthですが、今日そんなGoogle Earthに関するこんな記事を見つけました。
グーグルと英軍、テロリストによるGoogle Earthの利用について協議
まぁ、一部の国からは「安全保障上の理由から、自国の高解像度データを削除してくれ。」と言った要請が出るくらいのシロモノである以上、テロなど悪いことに使うことだって可能なわけです。

ちょっと、怖いですね。

No comments: