Tuesday, January 16, 2007

そろそろ仕事モード

先生が長期の出張から戻られました。

今日、ようやく履修している講義のうち、最大のヤマともいえる課題を終わらせました。

再来週に実験をすることになってます。

つまり、2007年の研究を本格始動させろってことですな。がんばろ。



シンガポールの言語と社会

今期履修中の講義「言語学特論」のレポートに関連して読んだ一冊です。

多民族、多言語国家のシンガポールがなぜ誰も母国語としない英語を公用語とした言語政策を行ってきたのか。また、その政策はシンガポール社会にどのような影響を及ぼしたのか。この本ではそういったことに関して言及してありました。

この本にも書いてありましたが、言語学的に見ると、話す言語がその人の社会的階級を表す指標になるそうです。英語とか中国語とかそういった広い意味での言語(language)もそうですが、それだけでなく方言(dialect)やなまり(accent)もだとか。今回、言語学特論を受講していて、その点がとても印象に残っています。

No comments: